小野山供御人(読み)おのやまのくごにん

世界大百科事典 第2版の解説

おのやまのくごにん【小野山供御人】

山城国葛野郡小野山を本拠地とした供御人(別称小野供御人)。炭や松明たいまつ)を朝廷に貢納し,小野山長坂口警固の兵士を務める代償として,諸関役・諸商売課役を免除され洛中で松明,炭,材木を販売した。小野山は主殿寮(とのもりよう)領に属し寮頭小槻氏,年預伴氏の支配を受けた。供御人は鎌倉時代には70余人で公文(くもん)・沙汰人が存在し,室町時代に上小野5村と下小野2村に分かれ両村を合わせて惣荘供御人と呼んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android