コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主殿寮 とのもりょう

デジタル大辞泉の解説

しゅでん‐りょう〔‐レウ〕【主殿寮】

とのもりょう(主殿寮)1
明治時代、宮内省一局で、宮殿監守警備の任に当たった役所。

とのも‐の‐つかさ【主殿寮】

とのもりょう1

とのもり‐の‐つかさ【主殿寮/主殿司】

(主殿寮)「とのもりょう1」に同じ。
(主殿司)「とのもりづかさ1」に同じ。

とのも‐りょう〔‐レウ〕【主殿寮】

律令制で、宮内省に属し、宮中の清掃、灯燭(とうしょく)・薪炭など火に関すること、行幸時の乗り物、調度の帷帳などのことをつかさどった役所。とのもりのつかさ。とのもづかさ。とのもりりょう。しゅでんりょう。
しゅでんりょう(主殿寮)2

とのもり‐りょう〔‐レウ〕【主殿寮】

とのもりょう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

主殿寮【とのもりょう】

宮内省所属の令制官司。和訓は〈とのもりのつかさ〉。職掌天皇行幸(ぎょうこう)・湯殿の供奉,乗物などの管理,宮内の灯火・薪炭の調達,内裏の庭の掃除など。職員は頭(かみ)・助(すけ)・允(じょう)・大属(だいさかん)・少属各1人ほか。808年官奴(かんぬ)司,896年主油(しゅゆ)司を併合。鎌倉時代以降小槻(おづき)氏が頭を相伝。→大宝律令養老律令

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とのもりょう【主殿寮】

令制の宮内省所属の官司。職員は頭(長官),助(次官),允(判官),大属・少属(主典)各1人,殿部(とのもり)(伴部)40人等。天皇の行幸の際の乗物(輿(こし))や蓋(きぬがさ)等の管理と供奉(ぐぶ),殿上の帷帳(とばり)の設営,天皇の湯殿への供奉,殿庭(内裏などの庭)の掃除,宮内の灯(油火)・燭(蠟火)・燎(庭火)の管理・設営,薪炭の調達をつかさどる。令制前から天皇の居所や行幸に供奉していた畿内の中小豪族を殿部として,唐の殿中省尚舎局,尚輦局などに模して組織化した官司で,掃部司(かにもりのつかさ),内掃部司,主水司(もいとりのつかさ)や後宮の殿司,掃司や春宮坊の主殿署と近接した職掌をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とのもりょう【主殿寮】

旧宮内省の一寮。宮殿および庁舎の監守・警察をつかさどった。のち宮内庁管理部。

とのもりりょう【主殿寮】

律令制で、宮内省に属して、行幸の際の諸施設、および宮中の殿舎・調度の維持管理をつかさどった役所。また、その職員。とのもづかさ。とのもりょう。とのもりづかさ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の主殿寮の言及

【主殿寮】より

…令制前から天皇の居所や行幸に供奉していた畿内の中小豪族を殿部として,唐の殿中省尚舎局,尚輦局などに模して組織化した官司で,掃部司(かにもりのつかさ),内掃部司,主水司(もいとりのつかさ)や後宮の殿司,掃司や春宮坊の主殿署と近接した職掌をもつ。殿部の負名氏(なおいのうじ)は日置(ひおき∥へき),子部(こべ),車持(くるまもち),笠取(かさとり),鴨(かも)の5氏で,負名氏出身の主殿寮官人もいた。9世紀後半には負名氏以外からも殿部に任用されるようになった。…

※「主殿寮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

主殿寮の関連キーワード殿司・主殿寮・主殿署殿司・主殿寮・主殿司美努岡万墓誌小野山供御人殿守伴御奴美努岡麻呂城戸 俊三主殿伴御奴市来 政方殿守官人川上鎮石初雪見参明治時代御髪上げ人数立て主殿官人賀茂氏八咫烏入色人主殿助

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android