コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居留地貿易 きょりゅうちぼうえき

1件 の用語解説(居留地貿易の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きょりゅうちぼうえき【居留地貿易】

居留地内で行われた日本商人と外国商人との貿易。1858年(安政5),江戸幕府が結んだ安政五ヵ国条約で居留外国人の遊歩区域を開港場の10里四方に限ることが定められたため,外国商人の活動は居留地内にほぼ限定されることとなり,貿易は居留地内で日本商人と外国商人の間で行われる形が基本であった。この居留地貿易は不平等条約の下で続いたが,94年にイギリスとの条約改正交渉がまとまったのを皮切りに各国との改正条約が調印され,99年に居留地は廃止され,居留地貿易も消滅した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

居留地貿易の関連キーワード御用商人居留居留地居留民雑居地商館内外人店商人夜商人鮑棠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone