コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居飼 いかい

2件 の用語解説(居飼の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

いかい【居飼】

古代・中世、院司や家司けいしの厩別当うまやのべつとうに属し、牛馬の世話をする役の者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いかい【居飼】

上皇の御所である院の厩において,牛馬などの取扱いに従事した下級の役人。摂関家にも院と同様に,舎人(とねり)や居飼などの役職が厩にあった。本来は厩の係が仕事であったが,上皇や摂政関白等の正式の出行の際に,その行列の前駆の召具として,紅色の水干に紺の袴,藁沓といった派手な目立つ装束で先行して,行列に威儀をそえることがおもな仕事となった。【清田 善樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

居飼の関連キーワード大宮御所花の御所院の御所院の西面院の北面黒木の御所仙院仙洞枌楡の居院拝礼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone