コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内みな やまのうち みな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内みな やまのうち-みな

1900-1990 大正-昭和時代の社会運動家。
明治33年11月8日生まれ。大正2年東京モスリンに就職。翌年争議をきっかけに友愛会に入会,8年初の女性理事となる。のち,新婦人協会,醒光婦人会,関東婦人同盟に所属して活動。戦後は原水禁運動,日中友好運動などに参加した。平成2年10月21日死去。89歳。宮城県出身。著作に「山内みな自伝」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまのうちみな【山内みな】

1900(明治33)‐
婦人運動家。宮城県に生まれ,小学校卒業後上京して,東京モスリンの女工になった。1914年の東モス争議を経て友愛会に入会。19年1月には女工の待遇改善を訴える演説をして評判になり,同年8月の大会で野村つちのとともに初の女性理事に選出された。同年末東モスを解雇されてからは,新婦人協会,醒光婦人会,評議会婦人部,関東婦人同盟などに参加し,婦人労働者の解放をめざして闘った。【江刺 昭子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

山内みなの関連キーワード山内 みな昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android