コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内以九士 ヤマノウチイクジ

デジタル大辞泉の解説

やまのうち‐いくじ【山内以九士】

[1902~1972]プロ野球公式記録員。島根の生まれ。学生時代から野球の記録・規則に携わり、昭和15年(1940)広瀬謙三とともに編集した「日本野球規則」がプロ野球で採用された。昭和25年(1950)パリーグの記録部長。防御率自責点などの用語を発案した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内以九士 やまのうち-いくじ

1902-1972 昭和時代のプロ野球公式記録員。
明治35年3月31日生まれ。慶大在学中,野球部長直木松太郎について野球ルールを研究。昭和16年広瀬謙三と共同編集した「日本野球規則」がプロ野球で採用され,17年公式記録員となる。23年規則委員長,25年パリーグ記録部長。打率早見表を創案し,防御率,自責点などの用語を考案した。昭和47年6月3日死去。70歳。60年野球殿堂入り。島根県出身。本名は育二。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山内以九士の関連キーワード昭和時代山内

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android