山内義雄(読み)やまのうちよしお

日本大百科全書(ニッポニカ)「山内義雄」の解説

山内義雄
やまのうちよしお
(1894―1973)

仏文学者。東京・牛込(うしごめ)(現新宿区)に生まれる。東京外国語学校卒業。京都帝国大学法学部に籍を置き、上田敏(びん)の薫陶を受ける。京大中退後、東京に戻り、東京外語の講師を務める。1927年(昭和2)から早稲田(わせだ)大学で教鞭(きょうべん)をとり、多くの後進を育てた。詩人クローデル親交を結び、ジッド(『狭き門』『贋金(にせがね)つかい』など)、ロジェ・マルタン・デュ・ガール(『チボー家の人々』)、ジュール・ロマンなど多くの名訳を残す。また、訳詩集『仏蘭西(フランス)詩選』(1923)は詩壇に多くの影響を与えた。没後、生前の文章をまとめた『遠くにありて』が刊行されている。

[窪田般彌]

『『遠くにありて』(1975・毎日新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「山内義雄」の解説

山内義雄 やまのうち-よしお

1894-1973 大正-昭和時代のフランス文学者。
明治27年3月22日生まれ。ジッド「狭き門」,マルタン=デュ=ガール「チボー家の人々」(昭和25年芸術院賞)などの名訳をのこす。またポール=クローデルと親交をむすび,日仏文化交流に貢献して昭和16年レジオン-ドヌール勲章。早大教授。41年芸術院会員。昭和48年12月17日死去。79歳。東京出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android