山口 良忠(読み)ヤマグチ ヨシタダ

20世紀日本人名事典の解説

山口 良忠
ヤマグチ ヨシタダ

昭和期の裁判官 東京地裁判事。 ヤミ米を拒否して栄養失調死した裁判官。



生年
大正2(1913)年1月11日

没年
昭和22(1947)年10月11日

出生地
佐賀県白石町

学歴〔年〕
京都帝国大学法学部卒

経歴
大学卒業後、横浜地裁予備判事、甲府地裁判事を経て、昭和17年6月東京地裁判事となる。敗戦後の食糧難時代の21年、法を守るためヤミ米を口にせず、極度の栄養失調がもとで倒れ、郷里の佐賀県白石町で22年秋死亡した。当時の食糧統制法下、配給だけで汁をすする生活をしながら、経済事犯(ヤミ買い)で捕えられた人たちを裁き続けた上でのことで、枕元には「食糧統制法は悪法だが、ソクラテスが悪法に殉じた態度には敬服する。自分はどんなに苦しくとも、ヤミ買いはしない。ヤミと闘って餓死するのだ」という意味の遺書が残されていた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

山口 良忠 (やまぐち よしただ)

生年月日:1913年1月11日
昭和時代の裁判官
1947年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android