コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口剛 やまぐち たけし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口剛 やまぐち-たけし

1884-1932 大正-昭和時代前期の国文学者。
明治17年3月1日生まれ。大正13年母校早大の教授となる。近世文学研究の基礎をきずき,井原西鶴,近松門左衛門の研究で知られた。中国文学の翻訳書もある。昭和7年10月8日死去。49歳。茨城県出身。著作に「西鶴・成美一茶」「江戸文学研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山口剛
やまぐちたけし
(1884―1932)

国文学者。茨城県土浦に生まれ、早稲田(わせだ)大学高等師範部卒業。早稲田大学教授。それまで啓蒙(けいもう)的・概論的研究にとどまっていた近世文学の研究を、学問の名に値するまでに高めた学者で、1922年(大正11)3月に『早稲田文学』に発表した「好色一代男の成立」以後、西鶴(さいかく)文学の研究をリードするとともに、近世文学全般にわたって多数の論文を発表した。その全業績は『山口剛著作集』全6巻(1972・中央公論社)にほぼ尽くされているが、没後40年にして全集が刊行されたところに、その偉大さを知ることができる。[神保五彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山口剛の関連キーワード永井 一孝早稲田文学山口 剛尾崎一雄為永春水山口慎斎剪燈新話大塚観瀾飯岡義斎中山厳水人情本

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山口剛の関連情報