コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口寒水 やまぐち かんすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口寒水 やまぐち-かんすい

1884-1904 明治時代の小説家。
明治17年4月5日生まれ。生地の群馬県で私塾集成学館にまなぶ。東京にでて江見水蔭書生となり,田山花袋を知る。明治36年「氷採人夫(こおりきりにんぷ)」が「読売新聞」の懸賞で1等当選。代表作に農民小説「桑一枝(くわいっし)」がある。明治37年6月28日死去。21歳。本名は清一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山口寒水の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android