コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口寒水 やまぐち かんすい

1件 の用語解説(山口寒水の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口寒水 やまぐち-かんすい

1884-1904 明治時代の小説家。
明治17年4月5日生まれ。生地の群馬県で私塾集成学館にまなぶ。東京にでて江見水蔭の書生となり,田山花袋を知る。明治36年「氷採人夫(こおりきりにんぷ)」が「読売新聞」の懸賞で1等当選。代表作に農民小説「桑一枝(くわいっし)」がある。明治37年6月28日死去。21歳。本名は清一郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山口寒水の関連キーワード立憲改進党水泳解析変成作用熱雲東欧演劇井上馨キンダー佐竹義尭ジョイナーローレツ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone