コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山名宗全 ヤマナソウゼン

百科事典マイペディアの解説

山名宗全【やまなそうぜん】

室町時代の備後(びんご)・但馬(たじま)など中国地方の大守護。名は持豊(もちとよ)。宗全は法名。室町幕府の侍所頭人(とうにん)を務め,1441年嘉吉の乱赤松満祐を討ち勢力を強めた。
→関連項目西陣畠山義就山名氏和田山[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山名宗全
やまなそうぜん

山名持豊」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山名宗全
やまなそうぜん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の山名宗全の言及

【応仁・文明の乱】より

…義敏の跡職はその子松王丸に与えられたが,このころ勢力を強めてきた朝倉義景が中心となり,幕府に働きかけて61年(寛正2)に九州探題渋川氏の一族義廉に斯波家の家督を継がせることに成功した。細川勝元は義敏を,山名宗全は義廉を支持したことから,分国では家臣の対立が,幕府との関係では双方の家督争いが続いた。65年には義敏が幕府に召還され,翌年に家督を認められた。…

【西陣】より

…西陣織の産地として有名である。地名は応仁・文明の乱において西軍(山名宗全)方の陣所となったことに由来する。この地を西陣と呼んだ初見史料は《蔭涼軒日録》文明19年(1487)正月24日条で,常在光寺の荒廃に触れて〈西陣辺〉と記され,乱後10年目にはすでに地名化していた。…

【山名持豊】より

…室町時代の武将。時熙(ときひろ)(常熙(じようき))の子。法名宗全。将軍足利義持の偏諱(へんき)を与えられる。長兄満時は侍所頭人(とうにん)も務めたが若くして没し,次兄持熙も将軍義教に疎まれたため,嫡子となり,1433年(永享5)但馬,備後,安芸,伊賀の守護職を譲られ,37年持熙を討って惣領権を確立する。40年には,1402年(応永9)に寺納年貢1000石で守護請した高野山領備後大田荘の年々の未進累積額が2万0600石余に達したことを理由に,代官犬橋氏を改替するよう高野山側から訴えられている。…

※「山名宗全」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山名宗全の関連キーワード中村歌右衛門(初代)応仁・文明の乱偐紫田舎源氏後土御門天皇畠山政長足利義視骨皮道賢足利義政益田兼尭斎藤妙椿斯波義敏畠山持国朝倉孝景御厨子某応仁の乱斯波義廉日野富子飯尾為数細川勝元西国寺

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山名宗全の関連情報