コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田山 わだやま

2件 の用語解説(和田山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和田山
わだやま

兵庫県中部,朝来市北部の旧町域。円山川の上流竹田川,与布土川,東河川などの流域にあり,東は京都府に接する。 1930年町制。 1955年東河村と,1956年南但,竹田の2町と合体。 2005年生野町,山東町,朝来町の3町と合体して朝来市となった。中心集落の和田山は JR山陰本線播但線が交わり,国道9号線と 312号線が交差する交通の要地で,南但馬の行政中心地。米作が中心だが,木製家具,但馬牛で知られる。南部の竹田には山名持豊 (宗全) が築いた雄大な竹田城跡がある。中世末期の城を代表するもので史跡に指定。その東の立雲峡は桜の名所で,一帯は朝来群山県立自然公園に,北東部の室尾山,糸井渓谷周辺の山岳地帯は出石糸井県立自然公園に属する。糸井の大カツラは国の天然記念物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和田山
わだやま

兵庫県中北部、朝来(あさご)郡にあった旧町名(和田山町(ちょう))。現在は朝来市の北端部を占める一地区。旧和田山町は1930年(昭和5)枚田(ひらた)村が町制施行して成立。1955年(昭和30)東河(とが)村、56年南但(なんたん)、竹田の2町と合併。2005年(平成17)朝来、生野(いくの)、山東(さんとう)の3町と合併、市制施行して朝来市となる。円山(まるやま)川の上流域で、JR山陰本線と播但(ばんたん)線、国道9号と312号の分岐点に発達し、南但馬(たじま)の政治の中心地。2000年播但連絡道路が開通した。耕地は圃場(ほじょう)整備が完成し、肉牛、乳牛の多頭飼育や養鶏も盛ん。1993年には県立農業技術センターが開設された。伝統的な竹田の木工家具、大蔵(おおくら)の金属バネのほか、工業団地が造成され、近代工業の誘致もある。中世の代表的な山城(やまじろ)遺構の竹田城跡(国の史跡)、赤淵(あかぶち)神社の室町時代の本殿(国の重要文化財)、糸井の大カツラ(国の天然記念物)がある。[大槻 守]
『『和田山町史 上巻』(2004・和田山町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和田山の関連情報