コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田山 わだやま

2件 の用語解説(和田山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和田山
わだやま

兵庫県中部,朝来市北部の旧町域。円山川の上流竹田川,与布土川,東河川などの流域にあり,東は京都府に接する。 1930年町制。 1955年東河村と,1956年南但,竹田の2町と合体。 2005年生野町,山東町,朝来町の3町と合体して朝来市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和田山
わだやま

兵庫県中北部、朝来(あさご)郡にあった旧町名(和田山町(ちょう))。現在は朝来市の北端部を占める一地区。旧和田山町は1930年(昭和5)枚田(ひらた)村が町制施行して成立。1955年(昭和30)東河(とが)村、56年南但(なんたん)、竹田の2町と合併。2005年(平成17)朝来、生野(いくの)、山東(さんとう)の3町と合併、市制施行して朝来市となる。円山(まるやま)川の上流域で、JR山陰本線と播但(ばんたん)線、国道9号と312号の分岐点に発達し、南但馬(たじま)の政治の中心地。2000年播但連絡道路が開通した。耕地は圃場(ほじょう)整備が完成し、肉牛、乳牛の多頭飼育や養鶏も盛ん。1993年には県立農業技術センターが開設された。伝統的な竹田の木工家具、大蔵(おおくら)の金属バネのほか、工業団地が造成され、近代工業の誘致もある。中世の代表的な山城(やまじろ)遺構の竹田城跡(国の史跡)、赤淵(あかぶち)神社の室町時代の本殿(国の重要文化財)、糸井の大カツラ(国の天然記念物)がある。[大槻 守]
『『和田山町史 上巻』(2004・和田山町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和田山の関連キーワード朝来〈町〉生野〈町〉兵庫県朝来市生野町円山兵庫県朝来市石田兵庫県朝来市岩津兵庫県朝来市川上兵庫県朝来市澤兵庫県朝来市新井兵庫県朝来市八代兵庫県朝来市山口

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和田山の関連情報