コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎博 やまざき ひろし

2件 の用語解説(山崎博の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎博 やまざき-ひろし

1946- 昭和後期-平成時代の写真家。
昭和21年9月21日生まれ。日大を中退しフリーの写真家として活動。実験映画の製作にもかかわり,昭和44年粟津潔「阿部定」,松本俊夫「アートマン」の撮影を担当する。58年写真集「HELIOGRAPHY」で日本写真協会新人賞。長野県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山崎博
やまざきひろし
(1946― )

写真家、映像作家。長野県生まれ。日本大学芸術学部に在学していた1967年(昭和42)、寺山修司らが結成した前衛演劇集団「天井桟敷(さじき)」に参加し、舞台監督助手、ついで舞台監督を務める。68年に大学を中退、翌年よりフリーランスの写真家として活動を始める。当初、前衛舞踏や現代美術を撮っていたが、やがて写真の原理をめぐる思索を深め、光(太陽)、時間といった写真を成立させている根本的な事象を扱った、独自のコンセプトにもとづく作品制作に取り組むようになる。74年同じ窓からの光景を定点撮影したシリーズ、同一のフレーミングによって水平線を撮った海景のシリーズ、同じく一定のフレーミングで風にゆれる桜の枝を撮影したシリーズ、という三つのパートで構成された初個展「OBSERVATION・観測概念」(ガレリア・グラフィカ、東京)を開催。同じタイトルによる個展を、以後79年まで計5回にわたり東京で連続開催する。また、73年から16ミリフィルムによる実験映画の制作も手がける。太陽にカメラを向けて長時間露光しているうちにカメラが燃えだしてしまう、というフィクションを描いた『光学的観測』(1974)や、天体観測用の赤道儀に取りつけて、画面の中心点がつねに太陽の方角へ向かうようにセットしたムービー・カメラを、一昼夜にわたり360度回転させて太陽の軌跡の連続撮影を行った『ヘリオグラフィー』(1979)などの映画作品を発表。
 83年太陽の長時間露光による写真作品「海と太陽」のシリーズで、日本写真協会新人賞受賞。同年写真集『HELIOGRAPHY』刊行。85~89年(平成1)季刊思想誌『クリティーク』の表紙に、写真と文からなる「クリティカル・ランドスケープ」シリーズを連載。90年、超望遠レンズを用いて桜の花や枝葉越しに太陽を撮った一連の写真作品「櫻―EQUIVALENT」を、東京の細見画廊などで行った個展で発表。94年、水平線を撮影した写真によるカレンダー作品で全国カレンダー展総理大臣賞受賞。2001年の個展「櫻花図」(ニコンサロン、東京・大阪)では、カメラを使わず、小さなストロボを光源として桜の花をフィルムに直接焼きつけた、フォトグラムの手法による作品を発表、同展で伊奈信男賞を受賞。93年より東北芸術工科大学情報デザイン学系教授。[大日方欣一]
『『HELIOGRAPHY』(1983・青弓社) ▽『水平線採集』(1989・六耀社) ▽「CRITICAL LANDSCAPE」(カタログ。1990・ヒルサイドギャラリー)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山崎博の関連キーワード中平卓馬熊切圭介白川義員須田一政田原桂一丹野章冨成忠夫早崎治樋口健二松本徳彦

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山崎博の関連情報