コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本忠興 やまもとただおき

3件 の用語解説(山本忠興の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本忠興
やまもとただおき

[生]1881.6.25. 高知
[没]1951.4.21. 神奈川
科学者,教育者。植村正久の指導でキリスト教に入信。 1905年東京帝国大学電気科卒業,芝浦製作所 (東芝) に勤めたのち,早稲田大学で強鞭をとった。 34年同大学を辞任し,内閣調査局専門委員,日本基督教青年会同盟委員長をつとめたが,43年再び早稲田大学理工学研究所所長に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本忠興 やまもと-ただおき

1881-1951 明治-昭和時代の電気工学者。
明治14年6月25日生まれ。芝浦製作所勤務ののち,叔父竹内明太郎が新設につくした早大理工科にまねかれ,大正元年教授。テレビの研究,開発にあたる。また世界日曜学校協会副会長,学生陸連会長,アムステルダム五輪・ロス五輪の役員などをつとめた。昭和26年4月21日死去。69歳。高知県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本忠興
やまもとただおき
(1881―1951)

電気工学者。高知県の生まれ。高知中学校第一高等学校を経て、1905年(明治38)東京帝国大学工科大学電気工学科を卒業、芝浦製作所(現、東芝)に入り、1909年から2年間、欧米に留学して電気機械設計を学んだ。1912年(大正1)早稲田(わせだ)大学理工学部教授。電気機械の発明者として知られ、とくにテレビジョン研究が有名で、1925年、川原田政太郎(かわらだまさたろう)らとともに研究に着手、1930年(昭和5)には早大式テレビを完成、公開した。同年、十大発明家の一人として宮中賜餐(しさん)の栄に浴し、1931年には朝日賞を受けた。早稲田大学理工学部長、理事などのほか、日本聾話(ろうわ)学校長、東京女子大学理事長、久我山(くがやま)電波工業専門学校長、国際基督(キリスト)教大学評議員会会長などを兼務、電気学会、照明学会などの会長にも選ばれた。また第9回オリンピック・アムステルダム大会(1928)の団長を務めるなどスポーツ界にも貢献している。[菊池俊彦]
『山本忠興博士伝記刊行会編・刊『山本忠興伝』(1953)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山本忠興の関連キーワードエヌ没・歿勃・歿・没三角数n-6脂肪酸高知県高知市池高知県高知市高須高知県高知市丸ノ内Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone