山田久志(読み)ヤマダヒサシ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田久志 やまだ-ひさし

1948- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手。
昭和23年7月29日生まれ。富士鉄釜石をへて,昭和44年阪急に入団。下手からの速球,シンカーを武器に,阪急の黄金時代のエースとして活躍。最多勝3回,最優秀防御率2回。51年から3年連続MVP。実働20年,通算284勝166敗,防御率3.18。オリックス,中日の投手コーチをへて,平成14年中日監督。平成18年野球殿堂入り。秋田県出身。能代高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山田久志
やまだひさし
(1948― )

プロ野球選手(投手:右投右打)、監督。7月29日、秋田県生まれ。能代(のしろ)高時代に三塁手から投手に転向し、富士製鉄(現、新日鉄住金)釜石(かまいし)に入社してから本格的なアンダースローとなった。ドラフト1位で1969年(昭和44)に阪急ブレーブス(現、オリックス・バファローズ)に入団。1970年に10勝をマークすると1986年まで17年連続2桁(けた)勝利をあげ、1975年からのリーグ4連覇、3年連続日本一にエースとして貢献した。足を振り上げてから地面に潜り込むようにして踏み出す「サブマリン投法」から繰り出される手元で浮き上がるような速球と、打者の膝元(ひざもと)で変化するシンカーを武器に相手打線を翻弄(ほんろう)した。1976年から3年連続最優秀選手(MVP)を受賞、1977年には読売ジャイアンツ(巨人)との日本シリーズで2勝してシリーズMVPにも選ばれた。晩年は制球力で粘り強く投げるスタイルにかえて勝ち星を重ね、1988年に引退した。1975年からの12年連続開幕投手はプロ野球記録、通算284勝は歴代7位(2015年時点)。2002(平成14)から2003年9月まで中日ドラゴンズの監督を務めた。[出村義和]
 選手としての20年間の通算成績は、登板試合654、投球回3865、284勝166敗、防御率3.18、奪三振2058、完投283、完封31。獲得したおもなタイトルは、最多勝利3回、最高勝率4回、最優秀防御率2回、最優秀選手(MVP)3回、ベストナイン5回、ダイヤモンドグラブ賞(現、ゴールデン・グラブ賞)5回。監督としての通算成績(2年)は、260試合、128勝127敗5分け、勝率5割2厘。2006年(平成18)野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『永谷脩著『120キロの快速球』(1989・文芸春秋)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山田久志の関連情報