コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田寒山 やまだ かんざん

2件 の用語解説(山田寒山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田寒山 やまだ-かんざん

1856-1918 明治-大正時代の篆刻(てんこく)家。
安政3年生まれ。小曾根乾堂(こそね-けんどう)に師事し,清(しん)(中国)にわたり呉昌碩(ご-しょうせき)にまなぶ。陶芸,書画にもすぐれた。伊藤博文と親交があった。また荒廃した中国の寒山寺の復興につとめた。大正7年12月26日死去。63歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。本名は潤子。作品集に「羅漢印譜」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山田寒山

没年:大正7.12.26(1918)
生年:安政3(1856)
明治大正の篆刻家。名は潤子,号は寒山。出家して永平寺派の禅僧となるが,のちに還俗。篆刻のほか,詩書画,楽焼,表装,製菓までよくした。中国の蘇州にある寒山寺に遊び,その荒廃を嘆き,「夜半の鐘」を新鋳して寄贈した。著に『羅漢印譜』がある。

(北川博邦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山田寒山の関連キーワード李鍾岡本椿所木村芳雨小林愛竹篠田芥津中井敬所西村鹿銜丸尾錦作円山大迂大正時代美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone