コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田寒山 やまだ かんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田寒山 やまだ-かんざん

1856-1918 明治-大正時代の篆刻(てんこく)家。
安政3年生まれ。小曾根乾堂(こそね-けんどう)に師事し,清(しん)(中国)にわたり呉昌碩(ご-しょうせき)にまなぶ。陶芸,書画にもすぐれた。伊藤博文と親交があった。また荒廃した中国の寒山寺の復興につとめた。大正7年12月26日死去。63歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。本名は潤子。作品集に「羅漢印譜」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山田寒山

没年:大正7.12.26(1918)
生年安政3(1856)
明治大正の篆刻家。名は潤子,号は寒山。出家して永平寺派の禅僧となるが,のちに還俗。篆刻のほか,詩書画,楽焼,表装,製菓までよくした。中国の蘇州にある寒山寺に遊び,その荒廃を嘆き,「夜半の鐘」を新鋳して寄贈した。著に『羅漢印譜』がある。

(北川博邦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

山田寒山の関連キーワード山田 正平大正時代山田正平没年

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android