コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田猪三郎 やまだ いさぶろう

3件 の用語解説(山田猪三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田猪三郎 やまだ-いさぶろう

1864-1913 明治時代の発明家。
元治(げんじ)元年生まれ。明治36年係留式気球を開発し,日露戦争で旅順偵察に使用される。のち気球にエンジンをつけた飛行船を考案し,43年初飛行に成功した。大正2年4月8日死去。50歳。紀伊(きい)和歌山出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山田猪三郎

没年:大正2.4.8(1913)
生年:元治1(1864)
明治期の飛行気球開発者。和歌山に生まれる。明治33(1900)年に軽気球を発明し,「日本式気球」と称し,36年には東京高輪で陸軍と協力して繋留気球を開発,この繋留気球は翌年から始まった日露戦争の旅順要塞の攻撃に際して利用された。42年には気球に推進器を付けて「山田式空中安全飛行機」と称し,東京大崎に気球製作所を設立した。45年には東京湾上を飛行することに成功した。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまだいさぶろう【山田猪三郎】

1863‐1913(文久3‐大正2)
日本の気球と飛行船の民間の先駆者。和歌山県の生れ。1900年係留式気球(山田式気球)の特許を得,04年の日露戦争ではこの気球2個が旅順の偵察用に使われた。その後飛行船の開発を志し,10年には国産初の山田式第1号飛行船を製作,翌年第2号を完成したがまだ不完全であった。同年完成の第3号は東京上空で20kmの周回飛行に成功,また彼の製作した気囊を用いて徳永熊雄,小浜方彦らが完成させたイ号飛行船も33km,1時間40分の飛行に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の山田猪三郎の言及

【アドバルーン】より

…日本で生まれた広告媒体で,名前もad(広告)とballoon(気球)を組み合わせた日本製の造語。日本における気球の実用化は,明治時代に山田猪三郎によって行われ,軍事偵察,高層気象観測,広告などに使われた。1913年には中山太陽堂,次いでレート化粧品が広告に利用している。…

【航空】より


[日本における発達]
 日本の航空活動は欧米諸国より遅れてスタートし,1910年,徳川好敏(1884‐1963),日野熊蔵(1878‐1946)が,それぞれフランスとドイツから輸入した飛行機で初飛行したのに始まる。一方では,同年山田猪三郎製作の飛行船が初飛行し,11年奈良原三次製作の飛行機が初飛行するなどの活躍もあったが,その技術水準は欧米に及ばず,結局は先進国からの技術導入,ライセンス生産によって,日本の航空工業は始まった。このような状態を続けている間にしだいに独自の技術が育成され,35年ころには陸海軍の各種の軍用機で,欧米の水準に劣らぬ性能をもち,しかも操縦性が優れているなど,日本独特の長所をもった国産機が次々に出現した。…

【飛行船】より

…アメリカでは浮揚ガスとしては危険な水素の代りに自国でのみ産出するヘリウムを用いたのが特徴であった。 日本では1910年,山田猪三郎が作った国産初の軟式飛行船が野外飛行に成功し,その後も輸入,国産の軟式飛行船および半硬式飛行船が軍で使用されたものの,本格的な発達はみずに終わった。 公共輸送機関としての飛行船の活躍は,主として悪天候によるいくつかの事故が続いた後,37年アメリカのニュージャージー州のレークハーストで起こったLZ129(ヒンデンブルク号)の爆発炎上事故で事実上そのとどめを刺された。…

※「山田猪三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

山田猪三郎の関連キーワード元治デトリングバルカン戦争光の科学史ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛入江九一扇格左衛門大浦教之助

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山田猪三郎の関連情報