山県ロバノフ協定(読み)やまがたロバノフきょうてい

精選版 日本国語大辞典「山県ロバノフ協定」の解説

やまがたロバノフ‐きょうてい ‥ケフテイ【山県ロバノフ協定】

(ロバノフはLobanov) 明治二九年(一八九六山県有朋ロシア外相ロバノフによって調印された、朝鮮に関する日露間の協約。日露両国は朝鮮に財政援助を与えること、両国の朝鮮における電信の権利獲得、両国が軍隊派遣のときは用地地域を限定することなどを協約した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「山県ロバノフ協定」の解説

やまがたロバノフ‐きょうてい〔‐ケフテイ〕【山県ロバノフ協定】

明治29年(1896)ロシアを訪れた山県有朋とロシア外相ロバノフとの間で調印された議定書。日露両国の朝鮮に対する権益を決めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android