コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山県ロバノフ協定 ヤマガタロバノフキョウテイ

デジタル大辞泉の解説

やまがたロバノフ‐きょうてい〔‐ケフテイ〕【山県ロバノフ協定】

明治29年(1896)ロシアを訪れた山県有朋とロシア外相ロバノフとの間で調印された議定書。日露両国の朝鮮に対する権益を決めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまがたロバノフきょうてい【山県ロバノフ協定】

1896年(明治29)に調印された朝鮮問題に関する日露間の議定書。訪露した山県有朋とロシア外相ロバノフ(R. Lobanov)との間で結ばれ、朝鮮に対する両国の権益などを規定した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山県ロバノフ協定の関連キーワード日露戦争史(年表)西‐ローゼン協定

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android