コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一任 イチニン

デジタル大辞泉の解説

いち‐にん【一任】

[名](スル)
物事の処理・決定のすべてをまかせること。「動議の扱いを議長に一任する」
律令制で、一人の官の限られた任期

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちにん【一任】

( 名 ) スル
物事の処理・決定をすべて任せること。全部まかせきること。 「議長-でまとまる」 「仕事を-する」
律令制で、地方官の一定の任期。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一任の関連キーワード県内での震災がれきの広域処理貿易促進権限(TPA)公設秘書の寄付問題B. シーラッハジョージ[2世]ファンドトラスト投資助言代理業役員退職慰労金ファンドラップ指定金銭信託売買一任勘定オープン価格下駄を預ける投資顧問会社裁量労働制錦小路頼徳安国寺恵瓊投資顧問業ラップ口座契約の偽計

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一任の関連情報