コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山路の露 やまじのつゆ

2件 の用語解説(山路の露の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

山路の露【やまじのつゆ】

後人が記した《源氏物語》の続編。著者は,《源氏釈》を著した藤原伊行(これゆき),あるいはその娘建礼門院右京大夫(《建礼門院右京大夫集》)か,とされるが未詳。伊行周辺の作と考えれば成立は12世紀後半か。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山路の露
やまじのつゆ

鎌倉初期の擬古物語。作者は『源氏釈』の著者として知られる世尊寺伊行(せそんじこれゆき)とも、その娘の建礼門院右京大夫(けんれいもんいんうきょうのだいぶ)ともいわれる。『源氏物語』の続編の一つ。現存本は一巻であるが、別に『巣守(すもり)』五帖(じょう)、『桜人(さくらびと)』二帖。『嵯峨野(さがの)』三帖をあわせた十帖の総称が「山路の露」だという記録もある(祐倫(ゆうりん)著『光源氏一部歌』)。現存本一巻の内容は、薫(かおる)28歳の秋冬のことで、その間、薫と浮舟(うきふね)の母とは小野に出かけて、浮舟に会うが、浮舟の心は動かない。薫はこのことを中君(なかのきみ)にも秘密にして漏らさない、というのである。事態は、「夢の浮橋」の大尾からまったく進展せず、あの深い余情になおたゆたっている感が深い。文章も拙劣で、『源氏物語』に比すべくもない。
 伝本は、近世初期以降の写本数本、版本も数本存在する。両者あわせて一類・二類と分けうるが、版本の大部分を含む一類本のほうが、写本の多くを含む二類本よりも誤脱が少なく理解しやすい本文である。[今井源衛]
『山岸徳平・今井源衛監修『山路の露・雲隠六帖』(『宮内庁書陵部蔵青表紙本 源氏物語 別巻』1970・新典社) ▽本位田重美著『源氏物語山路の露』(1970・笠間書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山路の露の関連キーワード葵の上源氏物語絵巻源氏物語玉の小櫛奥入河海抄源氏釈源氏物語奥入源氏物語評釈湖月抄源氏物語千年紀

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone