コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐山 きざん Qi-shan; Ch`i-shan

4件 の用語解説(岐山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岐山
きざん
Qi-shan; Ch`i-shan

中国,陝西省鳳翔県の北東にある山。西周 (→ ) の始王,武王の3代前の祖である古公亶父 (ここうたんぽ) が,ひんから移り,武王の父,文王がほう京 (現西安付近) に都を移すまでの間,この山の南麓が都とされたことにより有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

き‐ざん【岐山】

中国陝西(せんせい)省の山。古公亶父(たんぽ)室の基礎をきずいたと伝えられる所。天柱山。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きざん【岐山 Qí shān】

中国,陝西省岐山県付近は,《詩経》《書経》《史記》などによれば,周の古公亶父(だんぽ)が一族を率いて移り住んだ所といわれている。この地は,後に周の文王が豊京に都を定めるまで周の中心地であったと考えられ,豊京への遷都後も周の聖地として重要な地域であったと推定される。岐山県および隣の扶風県一帯は,周原と呼ばれ,数多くの西周遺跡が発見されている。岐山県鳳雛村では,前堂,後室を有する宮殿式の建築址が発見され,周の甲骨文も出土し,この地が周の都であった可能性を暗示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きざん【岐山】

中国、陝西せんせい省岐山県の北東にある山。周の古公亶父たんぽが一族を率いて南麓に移り住み、のちに文王が豊京に遷都するまで周の中心地となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岐山の関連キーワード七経陝西省毛公鼎九経九州詩書竜門先秦文学照壁丹江

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岐山の関連情報