荒城(読み)あらき

精選版 日本国語大辞典「荒城」の解説

あらき【荒城】

飛騨国(岐阜県)の旧郡名。鎌倉末期以降、吉(よしき)郡の呼称と併用され、江戸期になり吉城郡に統一された。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

こう‐じょう クヮウジャウ【荒城】

〘名〙 あれはてた城。
※東海一漚集(1375頃)一・送沢雲夢「餓者転死盈道路、荒城白日狐狸嬉」 〔杜甫‐登兗州城楼詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「荒城」の解説

こう‐じょう〔クワウジヤウ〕【荒城】

荒れ果てた城。
「嗚呼(ああ)―の夜半(よわ)の月」〈晩翠荒城の月

あら‐き【荒城/×殯】

貴人の死体を、墳墓が完成するまで仮に納めて置いたこと。また、その所。おおあらき。かりもがり。もがり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android