荒城(読み)あらき

精選版 日本国語大辞典「荒城」の解説

あらき【荒城】

飛騨国(岐阜県)の旧郡名。鎌倉末期以降、吉(よしき)郡の呼称と併用され、江戸期になり吉城郡に統一された。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

こう‐じょう クヮウジャウ【荒城】

〘名〙 あれはてた城。
※東海一漚集(1375頃)一・送沢雲夢「餓者転死盈道路、荒城白日狐狸嬉」 〔杜甫‐登兗州城楼

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「荒城」の解説

あら‐き【荒城/×殯】

貴人の死体を、墳墓が完成するまで仮に納めて置いたこと。また、その所。おおあらき。かりもがり。もがり。

こう‐じょう〔クワウジヤウ〕【荒城】

荒れ果てた城。
嗚呼ああ―の夜半よわの月」〈晩翠荒城の月
[類語]古城名城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「荒城」の解説

【荒城】こうじよう(くわうじやう)

荒れはてた城。・皇甫〔李録事の饒州に赴くを送る〕詩 積水長天、客に隨ひ 極浦雲足(た)る

字通「荒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android