コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩城重隆(1) いわき しげたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩城重隆(1) いわき-しげたか

?-1569 戦国時代の武将。
天文(てんぶん)11年(1542)家をつぎ,陸奥(むつ)磐城(いわき)大館城(福島県)城主となる。のち陸奥楢葉(ならは)郡・磐城郡から常陸(ひたち)(茨城県)の一部へ支配を拡大。陸奥では伊達氏とむすび相馬氏と,常陸では佐竹氏とあらそった。養子親隆のときに佐竹氏にしたがった。永禄(えいろく)12年死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岩城重隆(1)の関連キーワードトスカナ大公国被災地のがれき伊東満所崇伝立花宗茂セルバンテスマラウイメルカトル図法ロレンソ足利義氏