コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩崎憲 いわさき けん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩崎憲 いわさき-けん

1891-1978 大正-昭和時代の生化学者。
明治24年7月11日生まれ。大正13年ドイツ,オーストリアに留学,細胞内物質代謝を研究。昭和8年金沢医大(現金沢大)教授。超微量窒素の測定による化学定量法(アゾトメトリー)を創案。28年学士院賞。昭和53年1月19日死去。86歳。福島県出身。東京薬学校(現東京薬大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩崎憲
いわさきけん
(1891―1978)

生化学者。福島県会津若松市に生まれる。早く両親と死別し、東京・本郷赤門前の薬局に住み込み、苦学して1907年(明治40)私立東京薬学校(現、東京薬科大学)を卒業。1919年(大正8)金沢医科大学(現、金沢大学医学部)の須藤憲三(すとうけんぞう)(1872―1934)の助手となり、1924年ドイツ、オーストリアに留学。カイザー・ウィルヘルム研究所(現、マックス・プランク研究所)のマイヤーホーフらについて、当時、勃興(ぼっこう)期にあった細胞内代謝の生化学的研究を学んだ。1931年(昭和6)帰国して金沢医大助教授、1933年同教授となった。特殊な微量ないしは超微量分析法の体系(アゾトメトリー)を創案、確立し、その業績により朝日文化賞(1952)、日本学士院賞(1953)などを受けた。[梅田敏郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岩崎憲の言及

【アゾトメトリー】より

…岩崎憲によって創案された微量化学分析法の一種。被験物質にそれぞれ適当な試薬を作用させて,定量的に窒素ガスを発生させ,その容積を測定することによりその物質の量を知るのが原理。…

※「岩崎憲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩崎憲の関連キーワード[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門平岩弓枝パウラスサーカス大場久美子岩合光昭北村太郎コモロ佐々木崑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android