コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩崎憲 いわさき けん

2件 の用語解説(岩崎憲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩崎憲 いわさき-けん

1891-1978 大正-昭和時代の生化学者。
明治24年7月11日生まれ。大正13年ドイツ,オーストリアに留学,細胞内物質代謝を研究。昭和8年金沢医大(現金沢大)教授。超微量窒素の測定による化学定量法(アゾトメトリー)を創案。28年学士院賞。昭和53年1月19日死去。86歳。福島県出身。東京薬学校(現東京薬大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩崎憲
いわさきけん
(1891―1978)

生化学者。福島県会津若松市生まれる。早く両親と死別し、東京・本郷赤門前の薬局に住み込み、苦学して1907年(明治40)私立東京薬学校(現、東京薬科大学)を卒業。1919年(大正8)金沢医科大学(現、金沢大学医学部)の須藤憲三(すとうけんぞう)(1872―1934)の助手となり、1924年ドイツ、オーストリアに留学。カイザー・ウィルヘルム研究所(現、マックス・プランク研究所)のマイヤーホーフらについて、当時、勃興(ぼっこう)期にあった細胞内代謝の生化学的研究を学んだ。1931年(昭和6)帰国して金沢医大助教授、1933年同教授となった。特殊な微量ないしは超微量分析法の体系(アゾトメトリー)を創案、確立し、その業績により朝日文化賞(1952)、日本学士院賞(1953)などを受けた。[梅田敏郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岩崎憲の言及

【アゾトメトリー】より

…岩崎憲によって創案された微量化学分析法の一種。被験物質にそれぞれ適当な試薬を作用させて,定量的に窒素ガスを発生させ,その容積を測定することによりその物質の量を知るのが原理。…

※「岩崎憲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岩崎憲の関連キーワード児玉桂三柿内三郎菊地吾郎鈴木重雄鈴木文助左右田徳郎高木逸雄冨田雅次前田鼎正宗一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩崎憲の関連情報