コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩櫃山遺跡 いわびつやまいせき

2件 の用語解説(岩櫃山遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いわびつやまいせき【岩櫃山遺跡】

群馬県吾妻郡吾妻町原町にある標高802mの岩櫃山山頂近くの岩陰を利用した弥生時代の墓地。1939年に杉原荘介らによって発掘調査された。吾妻川の北岸にある比高約400mの険しい山で,諸所に岩陰や半洞窟が見られる。そのなかの鷹ノ巣岩陰では,100m2ほどの広さの岩床に19個の土器が3群にわけて埋置され,また2ヵ所に各1個ずつの土器がおかれていた。土器群の近くには,男女の人骨が2個体以上あった。土器中からは人骨片は発見されていないが,第2次大戦後になって千葉県天神前遺跡の調査例から,土器は容骨器の役目をはたし,この種遺跡が再葬墓という東日本の初期弥生時代を特色づける特殊な埋葬遺跡であることがわかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩櫃山遺跡
いわびつやまいせき

群馬県吾妻(あがつま)郡東吾妻町原町の岩櫃山の鷹の巣岩陰(たかのすいわかげ)にある弥生(やよい)時代中期の岩陰墓遺跡。1939年(昭和14)に杉原荘介らにより発掘調査が行われ、約100平方メートルの岩陰の岩床から19個体の弥生土器が検出された。このなかの2個の土器に男子の頭骨の一部と女子の四肢骨の一部が納められていたから、遺骸(いがい)を洗骨した後に土器に入れてふたたび埋葬し直すという再葬墓的性格をもった遺跡であることが判明した。出土土器に東海地方の弥生時代中期初頭の丸子(まりこ)式土器にみられる条痕文(じょうこんもん)の施されるものが多く、弥生文化の東漸の経路を知ることができる。この遺跡の土器は岩櫃山式として北関東地方西部の弥生時代中期前半に編年されている。現在は遺跡地付近の崩壊が激しく、現地に到達することは困難である。[竹沢 謙]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩櫃山遺跡の関連キーワード鳥居峠万座温泉草津草津運動茶屋公園テルメテルメ薬王園霊山たけやま草津相撲研修道場

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩櫃山遺跡の関連情報