コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻川 あがつまがわ

7件 の用語解説(吾妻川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吾妻川
あがつまがわ

群馬県北西部を東流する川。利根川の支流。全長 73.9km。長野,群馬両県境鳥居峠付近に源を発し,須川 (上流は白砂川) ,温川 (ぬるがわ) ,沼尾川などを合せ,渋川市で利根川に合流。須川の流入点から下流は酸性が強く,魚類も生息せず,灌漑用水にも利用できなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あがつま‐がわ〔‐がは〕【吾妻川】

群馬県中西部を流れる川。長野県上田市との県境にある鳥居峠付近に源を発し、東流して渋川市で利根川に合流する。長さ76キロ。上・中流に渓谷があり、国指定名勝の吾妻峡がある。中・下流は河岸段丘が発達している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吾妻川【あがつまがわ】

群馬県西部の嬬恋(つまごい)高原に発し,渋川市で利根川に合流する川。白砂川,四万川,温(ぬる)川などが流入,中部に中之条盆地が開ける。酸性の川のために生物は生息せず,灌漑(かんがい)利用もできなかったが,1963年河水の中和が開始された。
→関連項目吾妻[町]毒水利根川中之条[町]長野原[町]八ッ場ダム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あがつまがわ【吾妻川】

群馬県北西部を東流して渋川付近で利根川と合流する川。幹川流路延長76km,全流域面積1366km2。おもな支川には四万川,温川,須川がある。流域は王城山,菅峰など第三紀末~第四紀前半に活動した南北に並ぶ古期火山列によって二分される。西方の上流域は四つの火山,浅間山烏帽子山草津白根山,四阿(あずまや)山のゆるやかなすそ野からなり,嬬恋(つまごい)高原と呼ばれる嬬恋高原には厚い湖成層が分布し,10万年ほど前,浅間火山の成長によって,南流して千曲川に合流していた古吾妻川がせき止められ大きな湖(嬬恋湖)をつくったことを示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あがつまがわ【吾妻川】

群馬県中西部を流れる,利根川の支流。長野県境の鳥居峠に発し,渋川付近で本流に合流。上流に吾妻峡がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕吾妻川(あがつまがわ)


群馬県北西部を流れる川。1級河川(利根(とね)川水系)。延長74km。群馬県嬬恋(つまごい)村西部で鳥居(とりい)川・湯尻(ゆじり)川などが合流し吾妻川となって東流、渋川(しぶかわ)市の市街地東方で利根川に合流する。かつては草津(くさつ)温泉などから強酸性の水が流入したが、1964年(昭和39)草津町に水質を中和する工場が設置され、改善された。中流では八ッ場(やんば)ダム建設工事が進行していたが、2009年(平成21)秋に成立した民主党政権は工事中止を宣言、各方面に論議を呼んだ。なお、計画通りに工事が進行し完成した場合には、国の名勝の吾妻渓谷の一部と川原湯(かわらゆ)温泉は水没する予定。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吾妻川
あがつまがわ

群馬県中西部を流れる川。利根(とね)川の支流で、長野県境の鳥居(とりい)峠(1362メートル)付近に源を発して東流し、渋川(しぶかわ)市で利根川に合する。延長76キロメートル。上・中流には峡谷がみられ関東耶馬渓(やばけい)の称がある吾妻峡谷(国指定名勝)が代表的。従来、長野原(ながのはら)町から下流は、魚もすまず、農業や発電にも利用されない「死の川」といわれていた。これは草津温泉からの湯川(ゆかわ)など強酸性河川の注入が原因であった。そこで1963年(昭和38)草津町に群馬県営の中和工場ができ、石灰の乳液を常時恒久的に湯川などに投入する水質改善を行い「よみがえる川」に変えた。これは全国にも例がなく、1968年国営に移管された。また沿岸は北関東電源地帯の一つで、水路式15の発電所で16万キロワットを発電している。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吾妻川の関連キーワード浅野川思川片品川鏑川烏川北川小糸川富雄川姿川馬洗川

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吾妻川の関連情報