コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸の柳 キシノヤナギ

世界大百科事典 第2版の解説

きしのやなぎ【岸の柳】

長唄の曲名。杵屋(きねや)梅彦作詞,3世杵屋正次郎作曲。端唄風長唄。1873年6月に東京の東両国の貸席で初演。柳橋から両国にかけての隅田川河畔の夏の情景を軽く明るく粋に作曲。曲の由来には2説あり,船宿近江屋の娘が近所の古着屋の息子と心中しかけたが助けられ結ばれた祝いとも,また鳴物師岸田伊左衛門が思いかなって柳橋の近江屋の芸者と夫婦になった祝いとも言う。後説では岸田の岸と柳橋の柳とをとって題名にしたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きしのやなぎ【岸の柳】

長唄の一。1873年(明治6)発表。杵屋きねや梅彦作詞、三世杵屋正次郎作曲。夏の隅田川、柳橋、本所などの情景を粋に唄った曲。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸の柳
きしのやなぎ

長唄(ながうた)の曲名。1873年(明治6)6月初演。杵屋(きねや)梅彦作詞、3世杵屋正治郎作曲。夏の大川端(隅田(すみだ)河畔)の風景を歌ったものであるが、柳橋の船宿の娘と近所の古着屋の息子が心中するところを助けられ、めでたく結ばれた記念に作曲されたという。短い曲であるが、曲名はよく知られている。音楽的にはとくに独特な点もなく、「佃(つくだ)の合方(あいかた)」を模した旋律を前弾きと終結部に用いて、全体をあっさりとつくっている。三味線の調弦は、本調子→三下り→本調子。[茂手木潔子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

岸の柳の関連キーワード望月 朴清(3代目)杵屋正次郎(3代)大峰奥駈道本調子馬防ぎ大島

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android