コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸の柳 キシノヤナギ

4件 の用語解説(岸の柳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きしのやなぎ【岸の柳】

長唄杵屋梅彦作詞、3世杵屋正次郎作曲。明治6年(1873)発表。隅田川柳橋本所あたりの江戸情緒と夏の風物を描いたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きしのやなぎ【岸の柳】

長唄の曲名。杵屋(きねや)梅彦作詞,3世杵屋正次郎作曲。端唄風長唄。1873年6月に東京の東両国の貸席で初演。柳橋から両国にかけての隅田川河畔の夏の情景を軽く明るく粋に作曲。曲の由来には2説あり,船宿近江屋の娘が近所の古着屋の息子と心中しかけたが助けられ結ばれた祝いとも,また鳴物師岸田伊左衛門が思いかなって柳橋の近江屋の芸者と夫婦になった祝いとも言う。後説では岸田の岸と柳橋の柳とをとって題名にしたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きしのやなぎ【岸の柳】

長唄の一。1873年(明治6)発表。杵屋きねや梅彦作詞、三世杵屋正次郎作曲。夏の隅田川、柳橋、本所などの情景を粋に唄った曲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸の柳
きしのやなぎ

長唄(ながうた)の曲名。1873年(明治6)6月初演。杵屋(きねや)梅彦作詞、3世杵屋正治郎作曲。夏の大川端(隅田(すみだ)河畔)の風景を歌ったものであるが、柳橋の船宿の娘と近所の古着屋の息子が心中するところを助けられ、めでたく結ばれた記念に作曲されたという。短い曲であるが、曲名はよく知られている。音楽的にはとくに独特な点もなく、「佃(つくだ)の合方(あいかた)」を模した旋律を前弾きと終結部に用いて、全体をあっさりとつくっている。三味線の調弦は、本調子→三下り→本調子。[茂手木潔子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岸の柳の関連キーワード杵屋勝五郎(3代)杵屋勘五郎(3代)杵屋佐吉(3代)杵屋登美杵屋弥三郎(5代)杵屋六翁(初代)杵屋六翁(2代)杵屋六翁(3代)杵屋六三郎(3代)杵屋和吉(5代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岸の柳の関連情報