コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中伊豆 なかいず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中伊豆
なかいず

静岡県東部,伊豆半島中部にある地区。旧町名。 1958年上大見,中大見,下大見の3村が合体して町制。 2004年4月,修善寺町,土肥町,天城湯ヶ島町と合併し伊豆市となる。天城山の北斜面にあり,狩野川の支流大見川が北流する。大半は山林で占められ,ワサビシイタケの特産地で,主として京浜市場へ出荷される。上白岩遺跡 (史跡) がある。東部を伊豆スカイラインが南北に走り,地区の一部は富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中伊豆
なかいず

静岡県南東部、田方(たがた)郡にあった旧町名(中伊豆町(ちょう))。現在は伊豆(いず)市の東部を占める一地区。1958年(昭和33)上大見(かみおおみ)、中大見、下大見の3村が合併して町制改称。2004年(平成16)修善寺(しゅぜんじ)、土肥(とい)、天城湯ヶ島(あまぎゆがしま)の3町と合併、市制施行して伊豆市となる。旧中伊豆町は、伊豆半島のほぼ中央に位置する農林業の町で、南は天城(あまぎ)山、北は高原地帯で、集落と農地は狩野(かの)川支流大見川の狭小な流域にある。伊豆スカイラインが南北に、主要地方道の伊東修善寺線が東西に通じ、伊東市との間には中伊豆バイパスもある。区域の83%を山林が占める。林業を主とし、シイタケ・ワサビ栽培が盛ん。ワサビ栽培面積は約31ヘクタールで日本有数の栽培面積をもつ。遠笠(とおがさ)山、丸野山周辺は雄大な景観に恵まれ、避暑に適する。国指定史跡に縄文中・後期の上白岩(かみしらいわ)遺跡があり、竪穴(たてあな)住居跡、環状列石が発見された。[川崎文昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中伊豆の関連情報