峰相記(読み)ほうそうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

峰相記
ほうそうき

「みねあいき」とも読む。1巻。正平3=貞和4 (1348) 年頃成立。南北朝時代播磨国地誌。播磨国峰相山鶏足寺に参詣した筆者と老僧との問答形式をとって,当時の仏教界の概略および播磨国内の寺社・郡郷田数,同国に関する故事,伝承などを記している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android