コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島田雅彦 シマダマサヒコ

デジタル大辞泉の解説

しまだ‐まさひこ【島田雅彦】

[1961~ ]小説家。東京の生まれ。東京外大在学中に「優しいサヨクのための嬉遊曲」でデビュー、芥川賞候補となり日本のポストモダン文学の旗手として注目される。「夢遊王国のための音楽」で野間文芸新人賞、「彼岸先生」で泉鏡花文学賞を受賞。他に「天国が降ってくる」「僕は模造人間」「退廃姉妹」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

島田雅彦【しまだまさひこ】

小説家。東京都生れ。東京外語大ロシア語科卒。大学在学中に書いた《優しいサヨクのための嬉遊曲》(1983年)で《海燕》新人賞。新しい文体の創造への意識的な試みによって数度にわたって芥川賞候補となり,新世代の文学の担い手の一人と目されるようになる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島田雅彦 しまだ-まさひこ

1961- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和36年3月13日生まれ。東京外大在学中,「優しいサヨクのための嬉遊曲」が芥川賞候補となる。昭和59年「夢遊王国のための音楽」で野間文芸新人賞,平成4年「彼岸先生」で泉鏡花文学賞。平成15年法政大学教授。パロディーをおりまぜながら時代の感覚をするどく表現する。18年「退廃姉妹」で伊藤整文学賞。20年「カオスの娘」で芸術選奨文部科学大臣賞。著作はほかに「子どもを救え!」「自由死刑」など。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島田雅彦
しまだまさひこ
(1961― )

小説家。東京都生まれ。幼少期に川崎市の多摩川沿いに移り住む。東京外国語大学ロシア語学科3年次の1983年(昭和58)、雑誌『海燕』に「優しいサヨクのための嬉遊曲」を発表。感傷を徹底的に排し、パロディー、レトリックといった手法を強く意識して書かれたこの作品は、日本の伝統的な「青春小説」を異化する効果を持ち、「ポスト・モダン」小説として高い評価を受ける。84年、「夢遊王国のための音楽」で野間文芸新人賞受賞。自伝小説やビルドゥングスロマン(教養小説)の形式をパロディー化した長篇小説『天国が降ってくる』(1985)、『僕は模造人間』(1986)で、「青二才」「サイボーグ」などの初期島田作品を通底するテーマを確立し、81年にデビューした高橋源一郎らとともに、日本のポスト・モダン文学の旗手として注目を集める。
 88年6月からは自ら「季節亡命」と呼びニューヨークに1年間滞在。滞在中に書き進め、帰国後発表した『夢使い』(1989)では、当時さまざまに変動した国内外の情勢についての考察を作品内に織り込みつつ、「レンタル・チャイルド」といった家族観を問い直すテーマを提起する。『彼岸先生』(1992)で泉鏡花賞受賞。その後の「漱石ブーム」の先駆けとなり、作家後藤明生に「『こゝろ』を『からだ』に翻訳した」と賞されたこの作品は、島田作品には馴染み深いパロディーの手法を構成、語り、物語のいずれのレベルにも駆使しながら、生と死にまつわる宗教観の相対化を積極的に試みた小説として、高い評価を得る。このころから戯曲発表・舞台演出など演劇ジャンルでの活躍も目立つようになり、97年(平成9)には構想に10年を費やしたオペラ『忠臣蔵』を作曲家三枝成彰(1942― )とともに完成させている。
 90年代後半には、幼少期よりすごした多摩川沿いのベッドタウンの情景を「郊外」というモチーフで切り取る作品群『忘れられた帝国』(1995)、『子どもを救え!』(1998)を発表。「個人史」「記憶」といった一見ドメスティックなテーマを扱いながらも、特権的な固有性ではなくあくまで普遍性を志向したその視点は、以降の、歴史的政治機構に翻弄される恋愛を描いた『彗星の住人』(2000)や、資本と神の本質的な存在形態を探った歴史小説『フランシスコ・X』(2002)にも引き継がれ、独自の世界観を示している。作品は海外でも多く紹介され、現代日本小説の代表的作家の一人として、ロシア、韓国、インドなどの文学者との交流も深い。
 旅行、料理に関する洒脱なエッセイ集も多数発表しているが、同時にパフォーミング・アーツへの関心は、自身による自作の朗読活動や、2名の詩の朗読者が互いにパフォーマンスしあいジャッジを仰ぐ「詩のボクシング」でのタイトル奪取・防衛にも及び、2002年には初の詩集『自由人の祈り』を刊行。ジャンルにとらわれない表現形式に、今後の活躍がもっとも期待されている作家の一人である。[江南亜美子]
『『子どもを救え!』(1998・文芸春秋) ▽『彗星の住人』(2000・新潮社) ▽『フランシスコ・X』(2002・講談社) ▽『自由人の祈り』(2002・思潮社) ▽『優しいサヨクのための嬉遊曲』『彼岸先生』『忘れられた帝国』(新潮文庫) ▽『夢遊王国のための音楽』(福武文庫) ▽『天国が降ってくる』『夢使い』(講談社文芸文庫) ▽島田雅彦・星野智幸・大辻都著『茶の間の男』(1996・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

島田雅彦の関連キーワードあしたの、喜多善男/世界一不運な男の、奇跡の11日間ボリス アクーニン詩のボクシングアクショーノフ新聞小説新潮

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島田雅彦の関連情報