コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崔圭夏 チェギュハ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

崔圭夏
さいけいか / チェギュハ
(1919―2006)

韓国(大韓民国)の政治家。第10代大統領。江原道(こうげんどう/カンウォンド)原州(げんしゅう/ウオンジュ)出身。1937年京城第一高等普通学校を終えて、1941年(昭和16)日本の東京高等師範学校卒業。第二次世界大戦後、1947年から韓国の食糧・農政部門に携わり、1952年から対日外交を中心とする外交官僚として活躍。1967年外務部長官となり、広く国際的に活動を展開。1975年国務総理となる。1979年10月朴正煕(ぼくせいき/パクチョンヒ)大統領死去により、大統領権限を代行し、ついで12月第10代大統領に就任した。ポスト朴の事態収拾にあたったが、翌1980年8月辞任し、全斗煥(ぜんとかん/チョンドファン)国軍保安司令官に大統領の席を譲った。[玉城 素]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

崔圭夏の関連キーワード7月16日光州事件

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android