嵐吉三郎(3代)(読み)あらし きちさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐吉三郎(3代) あらし-きちさぶろう

1810-1864 江戸時代後期の歌舞伎役者。
文化7年生まれ。初代嵐猪三郎の子。2代嵐吉三郎の甥(おい)。文政4年12歳で3代吉三郎を襲名。2代嵐璃寛(りかん)にまなぶ。大坂,京都で活躍。敵役を得意とし,立役(たちやく),女方などをかねた。元治(げんじ)元年9月28日死去。55歳。前名は嵐橘三郎(3代)。俳名は璃子,冠子,鱗昇。屋号は岡島屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android