コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川上源一 かわかみげんいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川上源一
かわかみげんいち

[生]1912.1.30. 静岡,浜松
[没]2002.5.25. 静岡,浜松
実業家。1934年高千穂高等商業学校を卒業後,1937年に父の嘉市が社長を務める日本楽器製造(のちヤマハ改称)入社。1950年社長就任。社長主導の経営を展開して同社を世界的な楽器メーカーに育てた。幼児の音楽教育に力を入れ,ヤマハ音楽教室を全国各地に開設し,1966年に財団法人ヤマハ音楽振興会を設立。またオートバイ事業に進出してヤマハ発動機を設立,1955年から 19年間社長を兼務した。スポーツ用品や,リゾート事業も手がけた。1977年にヤマハ社長を退き会長に就任したが,3年後,経営方針をめぐって対立した後継社長を追放して社長に復帰。1983年に長男の浩を社長に据え,厳しい世襲批判を浴びた。熱心に推進した音楽教育に「世界最先端の快挙」と絶賛の声がある反面,「演奏技術にかたより,人間教育がなおざりにされていた」とも指摘され,評価は分かれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川上源一 かわかみ-げんいち

1912-2002 昭和後期-平成時代の経営者。
明治45年1月30日生まれ。昭和12年父川上嘉市が社長をつとめる日本楽器製造(現ヤマハ)に入社。25年社長,52年会長,55年社長に復帰,58年長男浩を社長にしてふたたび会長。ヤマハ音楽教室を各地に展開。またオートバイ,エレクトーン,オーディオ,レジャーランドなどの新規事業をひらいた。平成14年5月25日死去。90歳。静岡県出身。高千穂高商卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川上源一の関連キーワード経営者

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川上源一の関連情報