コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川尻海岸 かわじりかいがん

2件 の用語解説(川尻海岸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川尻海岸
かわじりかいがん

茨城県北東部,太平洋に面する海岸。日立市に属する。 JR常磐線川尻駅から北東約 1kmにあり,海食洞が波に洗われる美しい岩石海岸。 1957年ウミウ渡来地として県の天然記念物に指定された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川尻海岸
かわじりかいがん

茨城県北東部、日立(ひたち)市川尻町と同市十王(じゅうおう)町伊師(いし)の間の海岸。十王川の河口から北約2キロメートルの間に、高さ35メートルの海食崖(がい)が続く岩石海岸で、地質は凝灰岩質泥岩の上に段丘堆積(たいせき)物がのったもの。海食洞もある景勝地で、小貝浜(こかいがはま)海岸ともよばれている。ここの鵜島(うのしま)(二見(ふたみ)岩)はウミウの渡来地(県指定天然記念物)で、岐阜県長良(ながら)川の鵜飼(うかい)用のウの捕獲地。また、養蚕農家に信仰のある蚕養(こかい)神社もある。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川尻海岸の関連キーワード日立茨城県日立市旭町茨城県日立市入四間町茨城県日立市国分町茨城県日立市幸町茨城県日立市留町茨城県日立市東町茨城県日立市茨城県日立市水木町茨城県日立市宮田町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川尻海岸の関連情報