コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川虫 かわむし

知恵蔵の解説

川虫

川虫は渓流の石裏などに棲む、カゲロウカワゲラトビケラなどの幼虫総称。カゲロウの幼虫をピンチョロ、ヒゲナガカワトビケラの幼虫を黒川虫、ざざ虫ともいう。フライフィッシングでは、川虫の幼虫をニンフ、羽化直前をイマージャー、羽化したものをダン、またはスピナーと呼ぶ。一方キジは、ミミズ、主にフツウミミズのことをいい、淡水での万能餌の1つ。同じ赤い餌でも赤虫はユスリカの幼虫で、別名アカボウフラ。またサシ(ウジ虫)はハエの幼虫で、赤く染めたものは紅サシと呼ぶ。いずれも、マブナヤマベハヤ、ワカサギなどの餌などに使われる。ブドウ虫(ガの幼虫)はサシを大きくした姿形で、ハヤやマス類の餌として使う。

(森田秀巳 アウトドアライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

かわ‐むし〔かは‐〕【川虫】

川底の石の下などにいる虫。特にトビケラの幼虫。渓流釣りで餌とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かわむし【川虫】

水生昆虫のトビケラやカゲロウ類の幼虫の総称。川底の石の下などにいる。渓流釣りの餌えさに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川虫
かわむし

水中にすむ昆虫の幼虫のうち、川底の石の下や間にいるカゲロウ、カワゲラ、ヘビトンボの幼虫や、小石、砂や小木片、落葉を使って巣をつくるトビケラの幼虫の総称、とくに後者をさすこともある。これらは水中生活に適応して房状や葉片状のえら(気管えら)を腹部の両側や尾端に備える。渓流にすむイワナ、ヤマメ、マスなどの釣り餌(え)として重要で、幼虫の種類により、瀬虫(トビケラの幼虫)、チョロムシ(カゲロウの幼虫)などの呼び名がある。なお、長野県では主としてカワゲラの幼虫をガアムシとよんで佃煮(つくだに)にして食べ、福島県ではおもにカゲロウの幼虫をザザムシと称して食用にする習慣が残っている。ヘビトンボの幼虫はマゴタロウムシ(孫太郎虫)とよばれ、干して子供の疳(かん)の薬とされる。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

川虫の関連キーワードカゲロウ類水生昆虫東山道

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川虫の関連情報