川里(読み)かわさと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川里
かわさと

埼玉県中北部,鴻巣市北東部の旧町域。元荒川と星川 (見沼代用水 ) との間にある。 1954年共和村,屈巣村,広田村の3村が合体して川里村が成立。 2001年町制。 2005年鴻巣市に編入。水田地帯であるが,花卉・野菜栽培も行なわれ,県の種苗センターがある。赤城台に工業団地が造成されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川里
かわさと

埼玉県北部、北埼玉郡にあった旧町名(川里町(まち))。現在は鴻巣(こうのす)市北東部を占める地域。1954年(昭和29)共和、屈巣(くす)、広田3村が合併して川里村となり、2001年(平成13)町制施行。2005年鴻巣市に編入。旧町域の北東を星川(見沼(みぬま)代用水)、南西を元荒(もとあら)川、中央を野通(やどおり)川が流れる低地帯で、集落はこれらの川の自然堤防上に位置する。屈巣沼はじめいくつかの大沼沢のある低湿地で、排水不良に悩まされたが、江戸時代見沼代用水の完成(1728)、沼沢地の埋め立てなどによって、水田地帯として発達した。米のほか、ナス、キュウリ、ネギなどの野菜、鉢花を中心とした花卉(かき)の生産が盛ん。JR高崎線鴻巣駅からバスが通じる。[中山正民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川里の関連情報