コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川里 かわさと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川里
かわさと

埼玉県中北部,鴻巣市北東部の旧町域。元荒川と星川 (見沼代用水 ) との間にある。 1954年共和村,屈巣村,広田村の3村が合体して川里村が成立。 2001年町制。 2005年鴻巣市に編入。水田地帯であるが,花卉・野菜栽培も行なわれ,県の種苗センターがある。赤城台に工業団地が造成されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川里
かわさと

埼玉県北部、北埼玉郡にあった旧町名(川里町(まち))。現在は鴻巣(こうのす)市北東部を占める地域。1954年(昭和29)共和、屈巣(くす)、広田3村が合併して川里村となり、2001年(平成13)町制施行。2005年鴻巣市に編入。旧町域の北東を星川(見沼(みぬま)代用水)、南西を元荒(もとあら)川、中央を野通(やどおり)川が流れる低地帯で、集落はこれらの川の自然堤防上に位置する。屈巣沼はじめいくつかの大沼沢のある低湿地で、排水不良に悩まされたが、江戸時代見沼代用水の完成(1728)、沼沢地の埋め立てなどによって、水田地帯として発達した。米のほか、ナス、キュウリ、ネギなどの野菜、鉢花を中心とした花卉(かき)の生産が盛ん。JR高崎線鴻巣駅からバスが通じる。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

川里の関連キーワード西川 里喜代(2代目)埼玉県鴻巣市関新田春のうたがきこえるCupitron愛された人形たち埼玉県鴻巣市内田 るり子潘南面古墳群吹上[町]川里〈町〉川里〈村〉吉川[町]鴻巣(市)青木 正久川里[町]高麗青磁柚りし菓相田武文李舜臣白磁

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川里の関連情報