行田市(読み)ぎょうだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行田〔市〕
ぎょうだ

埼玉県中北部,利根川荒川に挟まれた沖積平野にある市。 1949年忍町 (おしまち) が改称して市制。 1954年須加村,荒木村,北河原村,埼玉村の4村,1955年星宮村と太井村の一部,1957年太田村をそれぞれ編入。 2006年南河原村を編入。荒川扇状地末端の自噴泉地帯に位置し,付近の水田は条里制時代から開発された。中心市街地のは,15世紀後半に成田顕泰によって築かれた忍城の城下町として発展。江戸時代中期に武士の内職として始まった足袋の製造はやがて全国的に知られ,最盛期には全国生産の 80%を占めた。近年は需要が減少し足袋から被服や靴下などの生産に転換。 1963年頃から東部に富士見工業団地が造成され,金属,機械関係などの工場が進出。南方には全国有数の規模である埼玉古墳群があり,さきたま古墳公園として整備,国の史跡に指定されている。市の北端利根川に利根大堰がある。秩父鉄道,国道 17号線,125号線が通る。面積 67.49km2。人口 8万2113(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行田市の関連情報