工場払下概則(読み)こうじょうはらいさげがいそく

日本大百科全書(ニッポニカ)「工場払下概則」の解説

工場払下概則
こうじょうはらいさげがいそく

1880年(明治13)11月5日に布達された太政官(だじょうかん)布告(第48号)で、当時、政府が官営の鉱山、工場を民間に払い下げる契機となった法令。1870年代なかば以降、資本主義育成のための殖産興業政策が展開される過程で、財政節減と民間産業奨励のため、政府は、それまで官営であった諸施設を民間へ払い下げることを決定した。しかし、営業資本の即時納入を前提とするなど、その条件が厳しかったため、払受け希望者がきわめて少なかった。その結果、同法令は4年後に廃止され、以後、官営事業民間払下げは個別の事例ごとに承認される形をとった。

[石塚裕道]

『小林正彬著『日本の工業化と官業払下げ』(1977・東洋経済新報社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「工場払下概則」の解説

工場払下概則
こうじょうはらいさげがいそく

1880年明治政府が発布し,官営事業払下げの契機となった法令。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の工場払下概則の言及

【殖産興業】より

…そのうえ,応急の戦費をまかなうため余儀なくされた予備紙幣の繰替発行(2700万円)と第十五国立銀行からの借入れ(1500万円)は,流通紙幣量を一挙に増加させ,インフレーションを促進した。そのため政府は80年秋から政府紙幣の整理に本格的に取り組み,増税や一部経費の府県への振替えなどによって歳出余剰の捻出に努めるとともに,別に〈工場払下概則〉を定め(11月5日),〈工業勧誘ノ為メ政府ニ於テ設置シタル工場〉を,漸次民間に払い下げることになった。これにともなって81年4月,農商管理事務の統一のため農商務省が設置され,内務省所管の直営事業所をすべて引き継いだ。…

※「工場払下概則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android