巨福呂坂(読み)コブクロザカ

国指定史跡ガイドの解説

こぶくろざか【巨福呂坂】


神奈川県鎌倉市雪ノ下にある切り通しで、鎌倉七口(ななくち)の一つ。「小袋坂」ともいい、鶴岡八幡宮裏手の雪ノ下から山ノ内(現在のJR北鎌倉駅付近)を結ぶ道で、鶴岡八幡宮の西側から北西に登ると、巨福呂坂洞門西側にあたる建長寺付近に出る。鎌倉時代の小袋坂については正確なルートはわかっていないが、1240年(仁治1)、北条泰時が自身の所領地である山ノ内への便を目的に開いたもので、鎌倉と武蔵を結ぶ要路で、新田義貞の鎌倉攻めでは大激戦が展開した場所でもあり、1969年(昭和44)に国の史跡に指定された。江戸・明治期の道は、現在の巨福呂坂洞門の真上を通っていたことは確かで、そこから蛇行しながら建長寺前へと降りていたが次第にすたれ、現在では八幡宮側から200mほどで行き止まりになっている。JR横須賀線ほか鎌倉駅から江ノ電バス「八幡宮裏」下車、徒歩すぐ。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android