コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪の下 ユキノシタ

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐の‐した【雪の下】

ユキノシタ科の多年草。湿った所に生える。全体に毛があり、茎は紅紫色で地をはい、節から小苗を出して増える。葉は多肉質の腎臓形で、長い柄があり、裏面は暗赤色。夏、20~50センチの花茎を伸ばし、白い花をまばらにつける。花びらは5枚あり、下の2枚が長い。葉を腫(は)れ物の民間薬にし、食用にもする。虎耳草(こじそう)。 夏》「手ふきただ垂れて狭庭(さには)や―/石鼎」
雪の下紅梅」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆきのした【雪の下】

ユキノシタ科の多年草。山中の湿った岩や崖に自生し、観賞用に栽培もされる。全体に細毛が密生する。根葉は柄があり、肉質の腎円形で浅裂、裏面は紫赤色または白緑色。初夏、茎頂に白色の小花が多数円錐状につく。葉腋ようえきから糸状の匐枝ふくしを出して、先端に新苗をつくる。葉は民間薬として、腫れ物・凍傷・火傷やけど・咳せきなどに用いる。岩蕗いわぶき。虎耳草こじそう。鴨足草。 [季] 夏。 《 ゆれそめて雨となりけり- /今井つる女 》
一重梅ひとえうめ 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雪の下 (ユキノシタ)

学名:Saxifraga stolonifera
植物。ユキノシタ科の半常緑多年草,園芸植物,薬用植物

雪の下 (ユキノシタ)

植物。キキョウ科の多年草,高山植物タニギキョウの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

雪の下の関連キーワード夫籠る・妻籠る・夫篭る・妻篭る・夫籠もる・妻籠もるイニャツィオ シローネたっこにんにくジュパンチッチアイベックスヤマビーバージャコウウシ下田 歌子フキノトウバード基地農民文学ヒラタケ萌え出づ小国和紙コマツナ大掾満幹レミング倉光俊夫勝山水菜太田かぶ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪の下の関連情報