コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市山助五郎(初代) いちやま すけごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市山助五郎(初代) いちやま-すけごろう

1692-1747 江戸時代中期の歌舞伎役者。
元禄(げんろく)5年生まれ。江戸の若衆方で初代市川団十郎の門下。宝永5年(1708)京都にいき,榊山(さかきやま)小四郎に入門。大坂,江戸で立役(たちやく)をつとめる。のち大坂で座本となり,脚本もかき自演した。延享4年5月10日死去。56歳。前名は榊山助五郎。俳名は之山。屋号は松屋。脚本に「傾城妻恋桜(けいせいつまごいざくら)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市山助五郎(初代)の関連キーワード桂川甫筑アフマド・シャー・ドゥッラーニークラッセクラッセ青海島鯨墓エルンスト・アウグスト怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ケンペル当道座松室松峡

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android