コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝国国防方針 ていこくこくぼうほうしん

3件 の用語解説(帝国国防方針の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ていこくこくぼうほうしん【帝国国防方針】

明治時代末期、軍部によって作成された長期的軍事計画。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

帝国国防方針【ていこくこくぼうほうしん】

第2次大戦前の日本の国防基本方針で特に想定敵国を定めたもの。1906年山県有朋の上奏を契機に翌1907年に決定。最初の想定敵国はロシア。1918年,1923年,1936年の3次にわたり改定,陸軍は対ソ,海軍は対米中心の軍備を整えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帝国国防方針
ていこくこくぼうほうしん

軍事、国防に関する基本方針を定めた最高国策。日露戦争後の1907年(明治40)、参謀総長海軍軍令部長の協議で内容を定めて上奏し、天皇がこれを内閣総理大臣に下付したうえで決定した。「帝国国防方針」「国防に要する兵力」「帝国軍の用兵綱領」の3文書からなり、仮想敵国、必要な陸海軍の兵力、基本的な戦争遂行の計画を定めている。1918年(大正7)、1923年、1936年(昭和11)の3度にわたって改定が行われた。いずれの場合も陸海軍統帥部(とうすいぶ)の主張の対立から、仮想敵国を絞りきれず、陸軍はロシア(ソ連)、海軍はアメリカを仮想敵国としての軍備拡張を目指すものとなった。さらに統帥部が主導し、政府はこれに追随するだけだったので、世界最大の陸軍国ロシアに対応する陸軍軍備と、世界最大の海軍国アメリカを相手にする海軍軍備を同時に保持しようとする、国力を無視した国防政策を実行する結果を招いた。しかも国防方針が天皇の裁可を受けたものであったため、統帥部は常にこれを根拠に政府に対し軍備拡張を要求し、1912年の二個師団増設問題をはじめとする度々の政変の原因となった。[藤原 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帝国国防方針の関連キーワード国防会議総同盟アバンゲール外地熟蕃戦前戦前派基本方針(農業経営基盤強化促進基本方針)農業経営基盤強化促進基本方針(基本方針)河川整備基本方針

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帝国国防方針の関連情報