コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

師勝[町] しかつ

百科事典マイペディアの解説

師勝[町]【しかつ】

愛知県北西部,西春日井(にしかすがい)郡の旧町。名古屋市の北に接し,濃尾平野の中部にある。かつては農業地域であったが,宅地化が進み,名古屋市のベッドタウンとなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しかつ【師勝[町]】

愛知県西部,西春日井郡の町。1961年町制。人口4万0424(1995)。濃尾平野のほぼ中央に位置し,南は新川をはさんで名古屋市に接する。西部を名鉄犬山線,南部を県道名古屋第2環状線が走るなど交通の便がよく,近年は名古屋市のベッドタウンとして発展を続け,1965年から10年間に人口は約3倍に増大した。肥沃な沖積低地にあって米作とともに野菜の栽培が盛んであったが,近年住宅建設や工場進出にともない農地は次々に転用され,農業人口は減少している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

師勝[町]の関連情報