コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西春 にしはる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西春
にしはる

愛知県北西部,北名古屋市西部の旧町域。濃尾平野の中央に位置する。 1963年町制。 2006年師勝町と合体して北名古屋市となった。名古屋市の近郊農業地で野菜を生産。宅地造成が進み,人口増加が著しい。鉄鋼,機械,化学,輸送機械,食品などの工場も立地する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西春
にしはる

愛知県北西部、西春日(にしかすがい)郡にあった旧町名(西春町(ちょう))。現在は北名古屋(きたなごや)市の西部を占める一地区。旧西春町は1963年(昭和38)町制施行。2006年(平成18)師勝(しかつ)町と合併して市制施行、北名古屋市となる。新川を境に名古屋市に隣接し、第二次世界大戦後の住宅化、工業化が著しい地区で、名古屋鉄道犬山線、国道22号と名古屋高速一宮線が通じる。1993年から犬山線に地下鉄鶴舞線の乗入れが始まり、名古屋市との連絡が便利になった。古い水田農村で条里制の遺構が多く、沖村という地名が示すように低湿地帯で米作中心の村であった。現在は近郊野菜栽培が盛んで、特産の沖のイチジクは半田市成岩(ならわ)から移入した。北野は豊臣(とよとみ)家五奉行(ぶぎょう)の一人、浅野長政(ながまさ)の生地である。[伊藤郷平]
『『西春町史』全6巻(1983~1988・西春町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

西春の関連キーワード愛知県西春日井郡豊山町青山愛知県西春日井郡豊山町豊場エアポートウォーク名古屋町健康戦隊ニシバルカン愛知県西春日井郡豊山町愛知県北名古屋市朝日貝殻山貝塚西枇杷島〈町〉西枇杷島[町]北名古屋[市]北名古屋(市)愛知県清須市名古屋飛行場いまじん白揚豊山[町]清須[市]新川[町]春日〈町〉清洲〈町〉清洲[町]

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西春の関連情報