コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西春 にしはる

2件 の用語解説(西春の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西春
にしはる

愛知県北西部,北名古屋市西部の旧町域。濃尾平野の中央に位置する。 1963年町制。 2006年師勝町と合体して北名古屋市となった。名古屋市近郊農業地で野菜を生産。宅地造成が進み,人口増加が著しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西春
にしはる

愛知県北西部、西春日井(にしかすがい)郡にあった旧町名(西春町(ちょう))。現在は北名古屋(きたなごや)市の西部を占める一地区。旧西春町は1963年(昭和38)町制施行。2006年(平成18)師勝(しかつ)町と合併して市制施行、北名古屋市となる。新川を境に名古屋市に隣接し、第二次世界大戦後の住宅化、工業化が著しい地区で、名古屋鉄道犬山線、国道22号と名古屋高速一宮線が通じる。1993年から犬山線に地下鉄鶴舞線の乗入れが始まり、名古屋市との連絡が便利になった。古い水田農村で条里制の遺構が多く、沖村という地名が示すように低湿地帯で米作中心の村であった。現在は近郊野菜栽培が盛んで、特産の沖のイチジクは半田市成岩(ならわ)から移入した。北野は豊臣(とよとみ)家五奉行(ぶぎょう)の一人、浅野長政(ながまさ)の生地である。[伊藤郷平]
『『西春町史』全6巻(1983~1988・西春町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西春の関連キーワード愛知県北名古屋市石橋愛知県北名古屋市井瀬木愛知県北名古屋市九之坪愛知県北名古屋市熊之庄愛知県北名古屋市鹿田愛知県北名古屋市高田寺愛知県北名古屋市徳重愛知県北名古屋市西之保愛知県北名古屋市能田愛知県北名古屋市六ツ師

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西春の関連情報