コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯引物 おびひきもの

世界大百科事典 第2版の解説

おびひきもの【帯引物】

歌舞伎舞踊の一系統。曾我五郎が親しく通う大磯の廓の傾城化粧坂(けわいざか)の少将が,五郎の父の仇敵工藤祐経が廓内にありと聞きつけ,女だてらに勇み立って駆けこもうとするのを,小林朝比奈が少将の帯を捕らえて引き止める場を舞踊化したのが〈帯引〉。その作品の一群を〈帯引物〉という。《曾我物語》を初春狂言の題材に選ぶことが,早くに式例化した江戸歌舞伎では,五郎を軸に展開し,なかんずく五郎と朝比奈による〈草摺引〉と呼称する力競べの場を舞踊化して上演するのが常であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帯引物の関連キーワード歌舞伎舞踊曾我

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android