コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草摺引 くさずりびき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草摺引
くさずりびき

歌舞伎舞踊曲。長唄。本名題『正札付根元草摺 (しょうふだつきこんげんくさずり) 』。別称『正札付』。文化 11 (1814) 年江戸森田座で『双蝶々仮粧曾我 (ふたつちょうちょうよそおいそが) 』の1番目所作事として,7世市川団十郎,1世市川男女蔵により初演。鶴屋南北ほか作,4世杵屋六三郎作曲,藤間大助振付。草摺引物の代表作の一つ。剛直な荒若衆である曾我五郎と,悪身 (わりみ。男が女を滑稽にまねる振り) をするなど愛敬のある小林朝比奈とを対照的に描く。朝比奈の代りに男まさりの妹舞鶴が出される演出も多く行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くさずりびき【草摺引】

歌舞伎舞踊系統の一つ。親の仇敵工藤祐経ありと聞いた曾我五郎が,鎧を小脇に駆けこむのを,小林朝比奈が草摺を捕らえ,引き止めて意見忠告する筋。これを舞踊化した作品のすべてを〈草摺引物〉という。発生は古く,江戸歌舞伎の初春狂言として〈曾我物語〉に材をとる慣習が式例化すると,数多の同類作品が生じた。しかし現在もなお《草摺引》と称して上演されているのは,1787年(天明7)正月江戸桐座初演,長唄《菊寿の草摺(きくじゆのくさずり)》(通称《勢い》,1世杵屋正次郎作曲)と,1814年(文化11)正月江戸森田座初演,長唄《正札附根元草摺引(しようふだつきこんげんくさずりびき)》(通称《正札附》,4世杵屋六三郎作曲)の2作だけ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草摺引
くさずりびき

歌舞伎(かぶき)演出の一系統、またはこれに基づく舞踊劇の通称。『曽我(そが)物語』の一節、および幸若舞(こうわかまい)『和田酒盛(わだのさかもり)』にある、曽我五郎が兄十郎の危難を救おうと鎧(よろい)をつかんで駆け出すのを、小林朝比奈(あさひな)が引き留めるが、引き合ううちに2人とも大力なので、鎧の草摺がちぎれるという話を脚色したもの。1688年(元禄1)初めて歌舞伎に扱われ、98年5月江戸・中村座で初世市川団十郎の五郎、初世中村伝九郎の朝比奈によって演じられた荒事(あらごと)の『兵根元曽我(つわものこんげんそが)』が演出の基盤。その後長唄(ながうた)の舞踊劇として多くつくられたが、1814年(文化11)1月江戸・森田座の7世団十郎の五郎、初世市川男女蔵(おめぞう)の朝比奈による『正札附根元(しょうふだつきこんげん)草摺』(通称「正札附」。4世杵屋(きねや)六三郎作曲・藤間大助振付け)が決定版として今日に伝わった。なお、朝比奈を女の役にしたのは1787年(天明7)の『菊寿(きくじゅ)の草摺』(通称「いきおい」)が最初だが、「正札附」でも俳優の都合で朝比奈のかわりに和田の舞鶴(まいづる)で演じる型が現代でもよく行われている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の草摺引の言及

【帯引物】より

…その作品の一群を〈帯引物〉という。《曾我物語》を初春狂言の題材に選ぶことが,早くに式例化した江戸歌舞伎では,五郎を軸に展開し,なかんずく五郎と朝比奈による〈草摺引〉と呼称する力競べの場を舞踊化して上演するのが常であった。しかし時と場合によっては五郎を演じる俳優より,少将役の女方俳優の方が芸格・人気・勢力が上のこともあり,五郎を少将の役に置き換えて力競べの場を上演する必要があった。…

※「草摺引」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

草摺引の関連キーワード助高屋 高助(5代目)助高屋高助(5代)歌舞伎俳優の屋号鳥居清倍(初代)歌舞伎舞踊服部梅信鳥居清倍沢瀉屋曽我物帯引物隈取象引

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android