帰山(読み)カエルヤマ

  • かえるやま〔かへる〕
  • きさん

デジタル大辞泉の解説

福井県中部、南越前町から敦賀市へ通じる峠一帯の呼び名。[歌枕]
「―ありとは聞けど春霞立ち別れなば恋しかるべし」〈古今・離別〉
[名](スル)僧が自分のへ帰ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

福井県南条郡南越前みなみえちぜん町にある低い丘。鹿蒜かひる神社がある。歌枕 -かへるがへるもおいにけるかな/古今 雑上
スル
僧が自分の寺に帰ること。 ⇔ 出山

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「きざん」とも)
① 僧侶が自分の寺に帰ること。
※太平記(14C後)一七「大宮へ降り下て三塔会合しける。大衆上下、帰山(キざん)して」
② 故山に帰ること。帰郷。〔白居易‐早送挙人入試詩〕
③ 山に帰ること。
※春夏秋冬‐春(1901)〈正岡子規編〉「初午や帰山かなはぬのら狐〈梅村〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

帰山の関連情報