コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰山 カエルヤマ

デジタル大辞泉の解説

かえる‐やま〔かへる‐〕【帰山】

福井県中部、南越前町から敦賀市へ通じる峠一帯の呼び名。[歌枕
「―ありとは聞けど春霞立ち別れなば恋しかるべし」〈古今・離別〉

き‐さん【帰山】

[名](スル)僧が自分のへ帰ること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かえるやま【帰山】

福井県南条郡南越前みなみえちぜん町にある低い丘。鹿蒜かひる神社がある。⦅歌枕⦆ 「 -かへるがへるもおいにけるかな/古今 雑上

きさん【帰山】

( 名 ) スル
僧が自分の寺に帰ること。 ↔ 出山

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

帰山の関連キーワード清澄寺(せいちょうじ 千葉県)林間に酒を煖めて紅葉を焼く独立プロダクション日本映画史(年表)花柳 はるみ渡辺 哲信立花貞二郎花柳はるみ青山 杉作五月 信子山本嘉次郎明正寺竹叟即非如一松崎慊堂日本映画吾妻 光役の行者三浦梅園南浦紹明帰山教正

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰山の関連情報