帰山(読み)カエルヤマ

デジタル大辞泉の解説

かえる‐やま〔かへる‐〕【帰山】

福井県中部、南越前町から敦賀市へ通じる峠一帯の呼び名。[歌枕
「―ありとは聞けど春霞立ち別れなば恋しかるべし」〈古今・離別〉

き‐さん【帰山】

[名](スル)僧が自分のへ帰ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かえるやま【帰山】

福井県南条郡南越前みなみえちぜん町にある低い丘。鹿蒜かひる神社がある。⦅歌枕⦆ 「 -かへるがへるもおいにけるかな/古今 雑上

きさん【帰山】

( 名 ) スル
僧が自分の寺に帰ること。 ⇔ 出山

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰山の関連情報