(読み)チョウ

  • ▽帳/×帷
  • ちょう チャウ
  • ちょう〔チヤウ〕
  • とばり
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

帳面。帳簿。「雑記
「節季に―かたげた男の貌を見ぬを」〈浮・永代蔵・二〉
部屋の仕切り、また、目隠しのために垂らす布帛(ふはく)。とばり。たれぎぬ。
帳台1」に同じ。
「寝殿の東面に―たてて」〈大鏡・二・実頼〉
[音]チョウ(チャウ)(呉)(漢) [訓]とばり
学習漢字]3年
長い垂れ幕。とばり。「帳台開帳几帳錦帳紙帳緞帳(どんちょう)
記入用の冊子。「帳簿帳面記帳台帳通帳手帳大福帳
[名のり]はる
[難読]蚊帳(かや)主帳(さかん)
室内や外部との境などに垂らして、区切りや隔てとする布帛(ふはく)。たれぎぬ。たれぬの。
物をおおいかくすもの。さえぎって見えないようにするもの。「の―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

壁代(かべしろ),引(ひきもの),几帳(きちよう),斗帳(とちよう),軟障(ぜじよう),(とばり)など室内で屛障用に用いられる帷(かたびら)の総称。〈とばり〉ともよむ。帷はを数条縫い合わせて垂れ下げるものをいう。〈かたびら〉は枚(かたひら)という意味で,〈片〉は対になるべきものの一方を意味し,〈枚〉は薄くて平らなものをいうから,文字通りだと裏のつかない布ということであるが,帳の場合はほとんど袷(あわせ)になっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

(1)屏障(へいしょう)具の一つ。部屋をくぎったり、風や人目を遮るためにかけて垂らす布帛(ふはく)の総称。幌(とばり)、戸帳(とばり)、几帳(きちょう)、壁代(かべしろ)など。(2)帳台(ちょうだい)の略。帳台は、貴人が坐臥(ざが)する寝台で、斗帳(とちょう)、御帳台(みちょうだい)、または帳ともいわれた。畳二畳(じょう)を南北に敷いた上に、L字形の台を四隅に置いて、それに3本ずつ柱を立て、上に四角の枠を組んで天井として、上に白絹を敷き、天井のかまちから周囲に白絹の帷(かたびら)といわれる帳を垂らす。更衣のとき、夏物と冬物にかえた。

[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 屏障具の一つ。室内をくぎったり、人目をさえぎったりするために、室内の上部から垂れ下げる布帛(ふはく)の総称。几帳(きちょう)・壁代(かべしろ)・帳台の類。とばり。たれぎぬ。また、陣営や野外にはる幔幕(まんまく)
※竹取(9C末‐10C初)「ちゃうのうちよりも出ださず、いつき養ふ」 〔班固‐東都賦〕
② 「ちょうだい(帳台)①」の略。
※古今(905‐914)哀傷・八五七・詞書「かのみこすみける帳のかたびらのひもに、ふみをゆひつけたりけるを」
③ 厨子(ずし)などの小さい木製のとびら。
※源平盛衰記(14C前)四〇「御廟の御前にて祈誓を致し、御帳を開きたりけるに」
④ 帳面。帳簿。江戸時代、奉行所や町内などの公的な帳簿は「お帳」の形で言われ、また、年始帳・閻魔帳・過去帳など、特定の帳簿の略称としても使われる。
※続日本紀‐和銅七年(714)四月壬午「国司相替之日、依帳承付、不更勘験」 〔通俗編‐貸財・帳〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【帳】より

…壁代(かべしろ),引帷(ひきもの),几帳(きちよう),斗帳(とちよう),軟障(ぜじよう),幌(とばり)など室内で屛障用に用いられる帷(かたびら)の総称。〈とばり〉ともよむ。…

※「帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帳の関連情報