コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう〔チヤウ〕【帳】

帳面。帳簿。「雑記
「節季に―かたげた男の貌を見ぬを」〈浮・永代蔵・二〉
部屋の仕切り、また、目隠しのために垂らす布帛(ふはく)。とばり。たれぎぬ。
帳台1」に同じ。
「寝殿の東面に―たてて」〈大鏡・二・実頼〉

ちょう【帳】[漢字項目]

[音]チョウ(チャウ)(呉)(漢) [訓]とばり
学習漢字]3年
長い垂れ幕。とばり。「帳台開帳几帳錦帳紙帳緞帳(どんちょう)
記入用の冊子。「帳簿帳面記帳台帳通帳手帳大福帳
[名のり]はる
[難読]蚊帳(かや)主帳(さかん)

と‐ばり【帳/×帷】

室内や外部との境などに垂らして、区切りや隔てとする布帛(ふはく)。たれぎぬ。たれぬの。
物をおおいかくすもの。さえぎって見えないようにするもの。「の―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょう【帳】

壁代(かべしろ),引(ひきもの),几帳(きちよう),斗帳(とちよう),軟障(ぜじよう),幌(とばり)など室内で屛障用に用いられる帷(かたびら)の総称。〈とばり〉ともよむ。帷は布を数条縫い合わせて垂れ下げるものをいう。〈かたびら〉は片枚(かたひら)という意味で,〈片〉は対になるべきものの一方を意味し,〈枚〉は薄くて平らなものをいうから,文字通りだと裏のつかない布ということであるが,帳の場合はほとんど袷(あわせ)になっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょう【帳】

布帛ふはくをはりめぐらしたもの。帳台・几帳きちようなどの類。とばり。たれぎぬ。カーテン。
帳面。帳簿。 「 -付け」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ちょう

(1)屏障(へいしょう)具の一つ。部屋をくぎったり、風や人目を遮るためにかけて垂らす布帛(ふはく)の総称。幌(とばり)、戸帳(とばり)、几帳(きちょう)、壁代(かべしろ)など。(2)帳台(ちょうだい)の略。帳台は、貴人が坐臥(ざが)する寝台で、斗帳(とちょう)、御帳台(みちょうだい)、または帳ともいわれた。畳二畳(じょう)を南北に敷いた上に、L字形の台を四隅に置いて、それに3本ずつ柱を立て、上に四角の枠を組んで天井として、上に白絹を敷き、天井のかまちから周囲に白絹の帷(かたびら)といわれる帳を垂らす。更衣のとき、夏物と冬物にかえた。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【帳】より

…壁代(かべしろ),引帷(ひきもの),几帳(きちよう),斗帳(とちよう),軟障(ぜじよう),幌(とばり)など室内で屛障用に用いられる帷(かたびら)の総称。〈とばり〉ともよむ。…

※「帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帳の関連キーワードポプラディア学習帳ノート デ ノート東大寺献物帳家数人馬改帳御図帳・水帳宗門人別帳国内神名帳一般仕訳帳仕訳日記帳日記仕訳帳四度の公文特殊仕訳帳帳簿組織地方三帳成箇郷帳取箇郷帳地図帳貢調使分限帳検注帳

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帳の関連情報