コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干渉分光法 かんしょうぶんこうほうinterference spectroscopy

世界大百科事典 第2版の解説

かんしょうぶんこうほう【干渉分光法 interference spectroscopy】

プリズムを分散素子として用いるものを除くすべての分光手法は光の干渉を利用している。例えば回折格子による分光法は多数の細隙(さいげき)による光の回折効果と回折した光の間の干渉を用いており,結果的には回折効果がスペクトル幾何学的広範囲に分散させる役割を果たしている。この意味から,干渉分光法とは光の干渉効果のみで分光の原理が説明できる手法であるといってよい。大きく分けて多光束干渉計を用いるものと2光束干渉計を用いるものとがあり,両者とも高い波長分解が得られるうえに光の利用率がよい点で優れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報