コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平康 へいこう

2件 の用語解説(平康の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

平康【へいこう】

朝鮮民主主義人民共和国,江原道南部の軍事境界線付近の町。楸哥嶺(しゅうかれい)地溝帯の南方,鉄原・平康台地に位置する。朝鮮戦争の激戦地で,鉄原,金化とともに鉄の三角地帯の一角であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平康
へいこう / ピョンカン

北朝鮮、江原道南部の平康郡にある邑(ゆう)(町)。郡の所在地。450メートルの高原地帯で、楸哥嶺(しゅうかれい)地溝帯の南辺にある虎岩(こがん)山(572メートル)の麓(ふもと)にある。前面に重峰山を望み、北東に長鼓(ちょうこ)山、弥勒(みろく)山を仰いでいる。朝鮮戦争中は金化、鉄原とともに「鉄の三角地帯」の一角として激しい攻防戦のあった所である。高原地帯の陸路の交通中心地である。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平康の関連キーワード北朝鮮江原道朝鮮民主主義人民共和国元山人民民主主義羅津KCNA松岳脱北羅南

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平康の関連情報